生命保険会社からレーシック手術給付金をもらう!Top > 

スポンサードリンク

医療費控除で、レーシックがさらにお得に!

レーシックと医療費控除

レーシックの手術は、自由診療に該当するため、健康保険適用外になります。

しかし、レーシック屈折矯正手術視力回復手術)の手術費用は、確定申告の際、医療費控除の対象となる場合があります。

医療費控除で、レーシックがさらにお得になるのです!

医療費控除とは?

1月から12月までの間に、本人または家族が支払った医療費が10万円を越える場合、確定申告によって税金の還付(税金が戻ってくる)が受けられます。

レーシックの手術を受けたクリニック(眼科)では手術代の領収書を発行していますので、紛失しないように大切に保管してください。

確定申告の際に、レーシックの手術代が控除対象になるかどうか、お住まいの地域の税務署にお問い合せください。

医療費控除の計算方法

1 医療費控除の概要
自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。

2 医療費控除の対象となる医療費の要件
(1) 自分自身又は自分と生計を一(一つの財布で生活している)にする配偶者(妻)やその他の親族(子供・親など)のために支払った医療費であること。

(2) その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

3 医療費控除の対象となる金額
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額〓イの金額)〓ロの金額

イ 保険金などで補てんされる金額
(例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など

ロ 10万円
(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

4 控除を受けるための手続
医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示してください。
また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。

この記事の感想はいかがでしたか?

医療費控除で、レーシックがさらにお得に!の得点
平均得点 4.6 点
総合得点 60 点
投票件数 13 件

最新記事

生命保険会社からレーシック手術給付金をもらう!Top > 

カスタム検索
  • seo